薔薇(バラ)柄の着物は春・通年に着よう

薔薇(バラ)柄の着物の季節は春・通年

薔薇(バラ)の着物は春・通年に着よう
薔薇が咲くのは5月~7月です。
薔薇に写実的にが描かれている場合、単独で描かれている場合は薔薇の咲く半月ほど前から着ましょう。

薔薇がデザイン化されている場合は、通年着ることができます。

バラは春、秋の2回咲きますが、「5月のバラ」という表現があるように春に着ることが一般的です。
ちなみに昭和初期には、薔薇などの洋花は通年着てもよいとされていました。

薔薇(バラ)柄の着物の意味

西洋では、薔薇は美、純血、愛、喜びの象徴です。
薔薇は、万葉集には「うまら」として登場しますが、あまり注目されませんでした。
西洋で育まれた薔薇の文化が日本に定着するのは近代です。

日本では大正期に着物の柄として流行しました。

昭和初期の女学生に絶大な人気があった抒情画家「加藤まさを」が描く着物には、可憐な薔薇が多く描かれていました。

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.