蝶柄の着物は春・通年に着よう

蝶柄の着物の季節は春・通年

蝶柄の着物は春・通年に着よう
蝶は春の花々と描かれている場合は春に着るのがおすすめですが、秋草と組み合わされることも多く、単独の文様であれば通年着ることができます。

蝶柄の着物の意味

蝶柄の着物

蝶は別名「胡蝶こちょう」ともいいます。
牡丹や桜に集まって飛ぶ蝶の様子は歌舞伎や能などで胡蝶の舞として表現されました。
源氏物語の胡蝶の巻にも可憐な胡蝶が登場しています。

また中国の思想家・荘士の話「胡蝶の夢」は有名です。
荘士は夢の中で蝶になってひらひらと舞っていましたが、目が覚めて「今の自分は蝶が見ている夢なのか」と夢と現実の間をさまよう物語です。
このエピソードから、蝶は夢と結び付けられて描かれることもあります。
ちなみに蝶は中国で「ディエ」と読み、80歳を意味する言葉と同じ音のため長寿の象徴とされています。

蝶の文様は平安中期以降に、十二単の唐衣に用いられたりと有職文様に取り入れられました。
向い蝶はその1つです。

また蝶は青虫からサナギになり羽が生えた姿へと大きく変化するため、神秘的な生物、また不死のシンボルとして武家の家紋となりました。
蝶は平家ゆかりの家紋としても有名です。
特に揚羽蝶は見た目の美しさ、豪華さから紋章のモチーフになっています。
不死不滅を象徴する蝶は鋭い顔をして威厳のある姿で描かれます。

やがて桃山時代に入ると、能装束や小袖などにも文様として用いられるようになりました。
江戸時代になって文化の担い手が町人に移るようになると蝶文様はパターン化され、かわいらしく親しみやすいモチーフに変化しました。

蝶は花から花へと飛び移る移り気なものといった見方もあることから、結婚式に用いるのは注意が必要とする考え方もあります。
またサナギから蝶になる姿をおめでたいとする一方、時代や地方によっては不吉なものと捉えることもあったようです。
時代や環境によって捉え方が変化するのが蝶の柄の特徴です。

蝶柄と組み合わせることの多い着物の柄

蝶は春の花々(桜・牡丹など)だけではなく、秋草、すすき、竹などと用いられることもあります。
蝶は可愛らしい印象が強いためシャープな竹や、寂しげな風情の秋草とともに描かれると、画面が締まって見える効果もあります。
「撫子と蝶」「秋草と蝶」「菊とすすきと蝶」は江戸時代の能装束にも見られる組み合わせです。
露芝と蝶を組み合わせると道行ものの衣装になります。


桜の画像
桜柄の着物は春・通年に着よう

桜柄の着物の季節は春・通年 桜が咲くのは3月~5月です。 桜が写実的、かつ単独で描かれている場合は桜が咲く季節を先取りして3月~4月までに着るのがおすすめです。 デザイン化されていたり、紅葉、楓、菊な ...

続きを見る


秋草(あきくさ)柄の着物は夏に着よう
秋草(あきくさ)柄の着物は夏・秋に着よう

秋の七草は桔梗、萩、女郎花、撫子、葛、すすき、藤袴です。 秋の野原に咲く草花がともに描かれている柄を「秋草文様」といいます。 秋よりも夏の着物や帯に涼しさを先取りして用いることが多いです。 寄り添うよ ...

続きを見る


撫子(なでしこ)柄の着物は夏に着よう
撫子(なでしこ)柄の着物は夏・秋に着よう

撫子(なでしこ)柄の着物の季節は夏・秋 撫子は8~9月に花が咲きます。 そのため撫子柄の着物は夏・秋に着ましょう。 まだ残暑のきびしい時期(8月8日~9月初旬頃)に着ることで、一足先に涼しい秋を先取り ...

続きを見る


菊柄の着物は秋・通年に着よう

菊柄の着物の季節は秋・通年 菊が咲くのは10月~11月頃です。 菊が写実的、かつ単独で描かれている場合は菊の咲く季節を先取りして着るのがおすすめです。 桜など他の季節を表す花と一緒に描かれた場合や、菊 ...

続きを見る


すすきの画像
すすき柄の着物は夏・秋に着よう

すすき柄の着物の季節は夏・秋 すすき柄の着物は夏・秋に着ましょう。 まだ残暑のきびしい時期(8月8日~9月初旬頃)に着ることで、一足先に涼しい秋を先取りすることができるからです。 すすき単独で用いられ ...

続きを見る


露芝(つゆしば)柄の着物は夏・通年に着よう
露芝(つゆしば)柄の着物は夏・通年に着よう

露芝柄の着物の季節は夏・通年 露芝柄の着物は夏に着ましょう。 まだ残暑のきびしい時期(8月8日~9月初旬頃)に着ることで、一足先に涼しい秋を先取りすることができます。 秋草とともに描かれることが多い柄 ...

続きを見る


竹柄の着物は冬・春・正月・通年に着よう
竹柄の着物は冬・春・正月・通年に着よう

竹柄の着物の季節は冬・春・正月・通年 竹は冬でも緑を失わないことから、主に冬の季節感を表します。 写実的、かつ単独で描かれている場合は冬~春に着るのがおすすめです。 竹と雀を組み合わせた柄は、盛夏以外 ...

続きを見る


花の着物の柄
花の着物の柄

続きを見る


唐草(からくさ)柄の着物は通年に着よう
唐草(からくさ)柄の着物は通年に着よう

唐草柄の着物の季節は通年 唐草の着物は通年着ることができるため初心者にもおすすめの柄です。 唐草柄の着物の意味 唐草は曲線を描いた葉と蔓が絡み合った様子を描いた柄です。 唐草はどこまでも蔓が伸びる様子 ...

続きを見る


燕(つばめ)柄の着物は春に着よう
燕(つばめ)柄の着物は春に着よう

燕柄の着物の季節は春 燕が写実的・単独で用いられた着物は春、初夏までに着ましょう。 単衣(6月に着る裏地がない着物)の柄としてよく用いられます。 燕柄の着物の意味 燕は艶のある黒い翼と胸部の白の配色、 ...

続きを見る

蝶に関連する着物の柄


花菱亀甲(はなびしきっこう)の柄の着物は通年に着よう
有職文様の着物の柄

有職文様(ゆうそくもんよう)とは、平安貴族の衣装(束帯、十二単)や調度品などの装飾に用いられた優美な織り文様のことをいいます。 その由来から雅(みやび)でおめでたい柄として、現代でも礼装用の着物に多く ...

続きを見る


向い蝶の着物の柄の画像
向い蝶(むかいちょう)柄の着物は通年に着よう

向い蝶柄の着物の季節は通年 向い蝶柄の着物は通年着ることができます。 向い蝶柄の着物の意味 向い蝶とは、二羽の蝶を向かい合わせにしてデザイン化した柄です。 平安時代から十二単の唐衣(一番上に着る衣の名 ...

続きを見る


源氏物語(げんじものがたり)柄の着物は通年に着よう
源氏物語(げんじものがたり)柄の着物は通年に着よう

源氏物語柄の着物の季節は通年 源氏物語柄の着物は通年着ることができます。 源氏物語柄の着物の意味 源氏物語は平安時代に紫式部が執筆した長編の物語です。 着物の柄に用いられる源氏物語には、2種類のパター ...

続きを見る

蝶柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半幅帯 おりびと 織美桐 ベージュ 蝶 カラフル 細帯 半巾帯 ブランド 女性用...
価格:5980円(税込、送料別) ()

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

春のきもの祭り開催中!【独特の世界観が魅力】 帯留め(単品) - オオゴマダラ帯...
価格:3996円(税込、送料別) ()

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 ひさかたろまん 半幅帯 ◇たんぽぽ&蝶◇ブラック両面リバーシブル ブ...
価格:4860円(税込、送料別) ()

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.