帆掛け船(ほかけぶね)柄の着物は夏・通年に着よう

帆掛け船柄の着物の季節は夏・通年

帆掛け船の着物の柄画像
帆掛け船は小川や海とともに描かれるため、に着るのがおすすめです。
デザイン化された総柄の着物は通年着ることができます。

帆掛け船柄の着物の意味

帆掛け船は、帆をかけた船が描かれた柄です。
昔は野菜、炭などの物資を運搬する手段として、帆掛け船が行き来する景色は身近なものでした。

大型の帆掛け船は遠距離を移動し、珍しい品物を運んでくる宝船のような存在でした。
その場合の帆掛け船は帆が膨らんだ状態で描かれ、まさに順風満帆 じゅんぷうまんぱんの言葉通り未来への希望あふれる柄です。

帆掛け船と組み合わせることの多い着物の柄


波柄の着物は夏・通年に着よう
波柄の着物は夏・通年に着よう

波柄の着物の季節は夏・通年 波だけが写実的に描かれた着物は、涼しげに見えるため夏に着るのがピッタリです。 青海波など、デザイン化された波柄の着物は通年着ることができます。 波柄の着物の意味 寄せては返 ...

続きを見る


松柄の着物は冬・正月・通年に着よう
松柄の着物は冬・正月・通年に着よう

松柄の着物の季節は冬・正月・通年 松は通年着ることができます。 松の着物であれば通年着ることができるため、帯によって季節感が出せます。 着回しができるため重宝する柄となっています。 松は、冬でも色が変 ...

続きを見る

帆掛け船に関連する着物の柄


貝桶(かいおけ)柄の着物は通年に着よう
器物の着物の柄

器物文様とは、道具や生活用具を文様化したものです。 調度品や食器、楽器、装身具、遊戯具、武具、宗教具など器物文様の種類は多くあります。 江戸時代になって友禅染が登場したことにより、細かな絵画的文様を施 ...

続きを見る

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.