葛(くず)の柄の着物は夏・秋に着よう

葛柄の着物の季節は夏・秋

葛(くず)の柄の着物は夏に着よう
葛柄の着物は夏・秋に着ましょう。
まだ残暑のきびしい時期(8月8日~9月初旬頃)に着ることで、一足先に涼しい秋を先取りすることができるからです。
葛単独で用いられるほか、秋の草花(桔梗、萩、女郎花、撫子、すすき、藤袴、竜胆、菊など)と一緒に描かれることが多いです。

葛柄の着物の意味

葛は蔓(つる)が特徴で、夏から秋にかけて紫色、白色の花を咲かせます。
現代でも空き地で見かけることの多い身近な植物です。
蔓はしっかりとした強度がありカゴなどを作る材料にもなります。

葛と組み合わせることの多い着物の柄

  • 葛+秋の草花

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.