水車柄の着物は夏に着よう

水車柄の着物の季節は夏

水車の着物の柄の画像
水車は水辺の風景として描かれるために着るのがおすすめです。

水車柄の着物の意味

水車は「すいしゃ」のほか「みずぐるま」ともいいます。

平安時代末期には平等院近くにすでに水車があり「をかしく舞ふもの」といわれていました。
水車は閑吟集かんぎんしゅうにも登場しています。

宇治の川瀬の水車、なにと浮き世をめぐるらう

水車が動的に動く様子はおもしろく、近世初頭まで屏風絵にも用いられた画題でした。

に板をつけたもの、柄杓ひしゃくをつけたものの2種類があります。
江戸時代初期になると、柄杓に形が似たつちが描かれるようになります。
槌が描かれた水車は「槌車つちぐるま」とよびます。
打ち出の小槌
ちなみに槌は杭を打つことから、武士が敵を「討つ」ことに通じるとして、江戸時代初期より武家の家紋にもなっているおめでたい柄です。
宝尽くしを構成する文様の1つにもなっています。

水車と組み合わせることの多い着物の柄


蛇籠の着物の柄の画像
蛇籠(じゃかご)柄の着物は夏・通年に着よう

蛇籠柄の着物の季節は夏・通年 蛇籠は水辺の風景として描かれるため夏に着るのがおすすめです。 蛇籠柄の着物の意味 蛇籠は、中に石を詰めて河川の護岸に用いる円筒形の竹籠のことです。 大蛇が伏しているように ...

続きを見る

水車に関連する着物の柄


遠山(とおやま)柄の着物は通年に着よう
風景の着物の柄

続きを見る


宝尽くし(たからづくし)柄の着物は通年に着よう
宝尽くし(たからづくし)柄の着物は正月・通年に着よう

宝尽くし柄の着物の季節は正月・通年 宝尽くしの着物はおめでたい柄として通年着ることができます。 正月に着るのにもピッタリです。 宝尽くし柄の着物の意味 宝尽くしは中国に由来する宝物を集めた柄です。 室 ...

続きを見る

水車柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

京都きもの町オリジナル 浴衣単品「紺色 水車」3L、4L 綿浴衣 大きいサイズ ...
価格:9720円(税込、送料別)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.