波柄の着物は夏・通年に着よう

波柄の着物の季節は夏・通年

波柄の着物は夏・通年に着よう
波だけが写実的に描かれた着物は、涼しげに見えるために着るのがピッタリです。
青海波など、デザイン化された波柄の着物は通年着ることができます。

波柄の着物の意味

波柄の着物
寄せては返す波は繰り返し、果てがないことから永遠、長寿、誕生を意味します。
おだやかな表情を見せる波から、ダイナミックに岩にぶつかり、くだける波を描いたものまで多彩な波の表情の柄があります。
単独で用いられるほか、動物や植物と組み合わされて描かれることも多い柄です。
波が着物の柄として多く使われるようになったのは桃山時代からです。

波頭(なみがしら)

波頭の画像
波頭とは、躍動感のある波をのようにデザインした柄です。

波柄と組み合わせることの多い着物の柄

波と立涌を組み合わせた波立涌は有職文様の1つとなっています。


千鳥柄の着物は夏・通年に着よう
千鳥(ちどり)柄の着物は夏・通年に着よう

千鳥柄の着物の季節は夏・通年 千鳥が水辺の風景とともに写実的に描かれている涼しげな柄は、夏に着るのがおすすめです。 千鳥がデザイン化されている柄は、通年着ることができます。 千鳥柄の着物の意味 千鳥は ...

続きを見る


月柄の着物は通年・秋に着よう
月柄の着物は秋・通年に着よう

月柄の着物の季節は秋・通年 月をデザイン化した柄は通年着ることができます。 秋草、うさぎと共に描かれた月の場合は、中秋の名月の頃である8月後半から9月が似合います。 月柄の着物の意味 月と太陽は信仰の ...

続きを見る


うさぎ柄の着物は秋・通年に着よう
兎(うさぎ)柄の着物は秋・通年に着よう

兎柄の着物の季節は秋・通年 兎は月とともに描かれることが多い柄です。 兎と月の組み合わせの着物は、中秋の名月の頃である8月後半から9月が似合います。 兎のみをデザイン化した着物であれば、通年着ることが ...

続きを見る


松柄の着物は冬・正月・通年に着よう
松柄の着物は冬・正月・通年に着よう

松柄の着物の季節は冬・正月・通年 松は通年着ることができます。 松の着物であれば通年着ることができるため、帯によって季節感が出せます。 着回しができるため重宝する柄となっています。 松は、冬でも色が変 ...

続きを見る


燕(つばめ)柄の着物は春に着よう
燕(つばめ)柄の着物は春に着よう

燕柄の着物の季節は春 燕が写実的・単独で用いられた着物は春、初夏までに着ましょう。 単衣(6月に着る裏地がない着物)の柄としてよく用いられます。 燕柄の着物の意味 燕は艶のある黒い翼と胸部の白の配色、 ...

続きを見る


海松の着物の柄の画像
海松(みる)柄の着物は通年に着よう

海松柄の着物の季節は通年 海松は海藻の一種で、海辺の風景の一部として波や貝と涼やかに描かれている場合は夏に着ましょう。 デザイン化されている場合は通年着ることができます。 海松柄の着物の意味 海松は、 ...

続きを見る


龍柄の着物は通年に着よう

龍柄の着物の季節は通年 龍はおめでたい柄として通年着ることができます。 龍柄の着物の意味 龍は鳳凰とともに中国から伝わった想像上の霊獣で、おめでたい柄です。 2本の角、背中には81枚の鱗、3爪で描かれ ...

続きを見る


鶴柄の着物は正月・通年に着よう
鶴柄の着物は正月・通年に着よう

鶴柄の着物の季節は正月・通年 鶴はおめでたい柄として通年着ることができます。 鶴柄の着物の意味 中国で、鶴は千年生きるとされ亀とともに長寿の象徴でした。 「鶴は千年亀は万年」という言葉が有名です。 鶴 ...

続きを見る


苫舟の着物の柄の画像
舟の着物の柄

舟と組み合わせることの多い着物の柄

続きを見る


海老の着物の柄の画像
海老柄の着物は正月・通年に着よう

海老柄の着物の季節は正月・通年 海老はおめでたい柄として通年着ることができます。 豪華な伊勢海老は正月に着るのにピッタリな柄です。 海老柄の着物の意味 海老の腰が曲がった姿は長寿の象徴とされてきました ...

続きを見る

波に関連する着物の柄


雪輪
自然の着物の柄

続きを見る

波柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【レンタル】 正絹京友禅訪問着19点フルコーディネートレンタルセット 結婚式 七...
価格:13800円(税込、送料無料)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.