沢瀉(おもだか)の柄の着物は夏に着よう

沢瀉柄の着物の季節は夏

沢瀉(おもだか)の柄の着物は夏に着よう
沢瀉柄の着物はに着ることができます。

沢瀉柄の着物の意味

沢瀉は池や沼に生える水草で、やじりに似た葉が特徴です。
夏から秋にかけて小さな白い花を咲かせます。

葉脈が高く浮き出ているため面高おもだかと名前がつきました。
沢瀉
沢瀉は家紋に用いられることでも有名です。
とがった葉が槍のようにも見えるため、特に武家に好まれました。

平安時代頃から文様化され、水辺の風景とともに描かれることがあります。

沢瀉と組み合わせることの多い着物の柄


橋の着物の柄の画像
橋(はし)柄の着物は通年に着よう

橋柄の着物の季節は通年 橋のモチーフには季節性がないので通年用いることができます。 水辺の風景と取り合わせた場合、夏に用いられることが多くあります。 杜若、流水と組み合わせた八橋の柄は初夏に着ましょう ...

続きを見る


網干の着物の柄の画像
網干(あぼし)柄の着物は夏に着よう

網干柄の着物の季節は夏 網干(あぼし)が単独で描かれた柄は夏に着るのがおすすめです。 網干柄の着物の意味 網干とは漁に使用する投網(とあみ)を三角円錐の形に干している様子を描いた柄です。 網干は単独で ...

続きを見る

沢瀉に関連する着物の柄

四季草花(しきくさばな)柄の着物は秋・通年に着よう
植物の着物の柄

続きを見る

沢瀉柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Point10倍!entry&Rカード決済で 3/21 20時〜】家紋手ぬぐい...
価格:864円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】夏物 お仕立て上がり 東レシルック 洗える着物 絽 小紋 薄桃色地に...
価格:41040円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

浴衣生地反物・おもだかと金魚(水色)38cm幅×13m巻【数量限定】【RCP】
価格:7711円(税込、送料別)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.