霰(あられ)柄の着物は通年に着よう

霰柄の着物の季節は通年

霰の着物の柄画像
霰柄の着物は通年着ることができます。

霰柄の着物の意味

霰とは文字通り降る霰をデザイン化した柄で、小さな不規則な点を配置しています。
武家男性のかみしもに用いられました。
現代でも江戸小紋の1つとして人気があります。

小紋は遠目には無地に見えますが、近づくと精緻な模様が品よく表されています。
江戸時代に武家男性が裃に用いていた小紋は、武家女性ではなく町人女性に「いき」な柄として広まっていきました。

また、平安時代には細かい石畳 いしだたみ文を霰文といいました。
この霰文は有職文様として地紋などに用いました。

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

投稿日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.