浮線綾(ふせんりょう)柄の着物は通年に着よう

浮線綾柄の着物の季節は通年

浮線綾柄の着物

有職文様の1つである浮線綾文が描かれた着物は通年着ることができます。

浮線綾柄の着物の意味

浮線綾とは、本来は糸を浮かせて織り出した綾織物のことをさします。
のちに浮織でなくても「浮線蝶の丸」のような大きな円の有職文様をさすようになりました。

円形の文様の中央に✕の形をした花を配置し、その上下左右に唐花の上部を配置するのが基本です。

代表的なものに浮線蝶、浮線菊、浮線藤があります。

浮線綾に関連する着物の柄


蝶柄の着物は春・通年に着よう
蝶柄の着物は春・通年に着よう

蝶柄の着物の季節は春・通年 蝶は春の花々と描かれている場合は春に着るのがおすすめですが、秋草と組み合わされることも多く、単独の文様であれば通年着ることができます。 蝶柄の着物の意味 蝶は別名「胡蝶(こ ...

続きを見る


菊柄の着物は秋・通年に着よう

菊柄の着物の季節は秋・通年 菊が咲くのは10月~11月頃です。 菊が写実的、かつ単独で描かれている場合は菊の咲く季節を先取りして着るのがおすすめです。 桜など他の季節を表す花と一緒に描かれた場合や、菊 ...

続きを見る


藤柄の着物は春・通年に着よう

藤柄の着物の季節は春・通年 藤の咲く季節は4月~5月です。 ちょうど桜の季節が終わった頃から、藤が咲きはじめます。 藤が写実的、かつ単独で描かれている場合は藤が咲く半月ほど前から着ましょう。 藤が散る ...

続きを見る


唐花の柄の着物は通年に着よう
唐花の柄の着物は通年に着よう

唐花の柄の着物の季節は通年 唐草と花とを組み合わせた唐花(からはな)の柄は、おめでたい柄として通年着ることができます。 唐花の柄の着物の意味 唐花は中国から伝わった文様で、唐草と理想化した花を組み合わ ...

続きを見る

浮線綾柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西陣織金襴「箔入り浮線綾文」10cmからの切り売り 京都西陣織 金襴・生地・ 和...
価格:378円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品名古屋帯】 「西陣織 証紙付 2219 佐々木染織(株) 九寸名古屋帯 濃...
価格:20304円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

袋帯 フォーマル 銀色 シルバー 金色 白 正倉院浮線綾文様 2WAY 京都西陣...
価格:29800円(税込、送料無料)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.