連珠(れんじゅ)柄の着物は通年に着よう

連珠柄の着物の季節は通年

連珠は正倉院に由来する柄として通年着ることができます。

連珠柄の着物の意味

連珠とは丸い珠を少しずつ間隔をおいて円のように並べた文様です。
その珠で縁取られた円の中には獅子、騎馬人物、鳥獣などが配置されています。
古代ペルシャが発祥の文様で、中国では唐代に織り文様として用いられました。
やがて奈良時代に日本に伝わりました。
法隆寺や正倉院に残る織物によく見られる柄です。

連珠に関連する着物の柄


雀柄の着物は通年に着よう
動物の着物の柄

続きを見る

連珠柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。
連珠

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お仕立て付き!西陣織老舗『織匠小平』謹製高級袋帯 正倉院連珠円文様
価格:43800円(税込、送料無料)

連珠

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●【弥栄織物】創作西陣袋帯お仕立て上がり(綿芯)六通柄「楼蘭連珠唐花文」木枯茶 ...
価格:29800円(税込、送料無料)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

投稿日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.