短冊柄の着物は通年に着よう

短冊柄の着物の季節は通年

短冊の着物の柄の画像
短冊柄の着物は通年着ることができます。

短冊柄の着物の意味

短冊柄の着物は通年に着よう
短冊は和歌や俳句を書く細長い厚紙のことです。

短冊には風景や和歌など様々な文様が描かれ、画中画のような表現が面白い取り合わせです。

短冊は細長い形が直線的で構成が固くなりがちなため、中に草花を描いたり、短冊を曲げたりして柔らかみを出すことが多いです。
室町時代から現代まで用いられている柄です。

また短冊は竹、流水、梶の葉と組み合わせて七夕を表現することもあります。

短冊と組み合わせることの多い着物の柄


梶の葉の着物の柄の画像
梶の葉(かじのは)柄の着物は七夕に着よう

梶の葉柄の着物の季節は七夕 梶の葉は七夕を表す文様です。 梶の葉柄の着物の意味 梶の葉は大きいため、葉に願い事や和歌を書いて五色の糸で吊るします。 これは現在短冊に願い事を書く七夕の風習の元になったと ...

続きを見る


竹柄の着物は冬・春・正月・通年に着よう
竹柄の着物は冬・春・正月・通年に着よう

竹柄の着物の季節は冬・春・正月・通年 竹は冬でも緑を失わないことから、主に冬の季節感を表します。 写実的、かつ単独で描かれている場合は冬~春に着るのがおすすめです。 竹と雀を組み合わせた柄は、盛夏以外 ...

続きを見る


笹柄の着物は冬・春・正月・通年に着よう
笹柄の着物は冬・春・正月・通年に着よう

笹柄の着物の季節は冬・春・正月・通年 笹は冬でも緑を失わないことから、主に冬の季節感を表します。 写実的、かつ単独で描かれている場合は冬~春に着るのがおすすめです。 雪と一緒に笹が描かれている場合は冬 ...

続きを見る


四季草花(しきくさばな)柄の着物は秋・通年に着よう
植物の着物の柄

続きを見る

  • 木+短冊

短冊に関連する着物の柄

貝桶(かいおけ)柄の着物は通年に着よう
器物の着物の柄

器物文様とは、道具や生活用具を文様化したものです。 調度品や食器、楽器、装身具、遊戯具、武具、宗教具など器物文様の種類は多くあります。 江戸時代になって友禅染が登場したことにより、細かな絵画的文様を施 ...

続きを見る

短冊柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

七夕 七月 夏 短冊 竹 四季彩布てぬぐい 前田染工 捺染 片面染め 手拭い 手...
価格:1080円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 女 浴衣 藍竹(天然竹繊維)(白地に水色短冊・桔梗など) 涼しい夏着物...
価格:5625円(税込、送料無料)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[気音間] 注染手ぬぐい 七夕 短冊 願い笹日本手拭い(てぬぐい)
価格:1296円(税込、送料別)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.