熨斗(のし)柄の着物は通年に着よう

熨斗柄の着物の季節は通年

熨斗柄の着物はおめでたい柄として通年着ることができます。

熨斗柄の着物の意味

熨斗はあわびの肉を薄くはいで、引き伸ばて乾かした「のしあわび」のことをいいます。
祝事の儀式の肴に用いました。
やがて折り畳んだ紙の間に熨斗鮑を包み結納品、引き出物に添えられるようになりました。

帯状の熨斗の中には草花が華やかに配置されて描かれることが多くあります。

江戸時代から人気の柄で、現在もおめでたい柄として着物や帯に用いられています。
熨斗には「束ね熨斗」「あばれ熨斗」の文様があります。

束ね熨斗

熨斗の形をモチーフにして、細長い帯状のものを束ねた様子をデザイン化しています。

あばれ熨斗

あばれ熨斗は左右に威勢よく熨斗が跳ね上がっているもので、祝儀用として喜ばれました。

熨斗と組み合わせることの多い着物の柄


四季草花(しきくさばな)柄の着物は秋・通年に着よう
植物の着物の柄

着物の柄に用いられる植物を一覧で紹介します。 基本的に、花だけがデザイン化された柄は通年、花とともに茎や葉が描かれた写実的な植物の柄は季節に沿って着るのがおすすめです。 植物の着物の柄一覧

続きを見る

熨斗に関連する着物の柄


宝尽くし(たからづくし)柄の着物は通年に着よう
おめでたい着物の柄

続きを見る

熨斗柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【レンタル】【黒留袖 レンタル】 mito_388 MR-2922 団扇雪輪隠れ...
価格:19800円(税込、送料別)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.