光琳模様の着物の柄

光琳模様(光琳文様)とは、江戸時代の画家・尾形光琳おがたこうりんの特徴的な画風を取り入れた柄のことです。
光琳模様はモチーフを大胆に簡略化し、強弱のついた柔らかな線で表現するのが特徴です。
江戸時代中期から当時のファッションブックに相当する「小袖模様雛形本」が盛んに印刷されたことにより、爆発的に流行しました。

ちなみに尾形光琳は「光琳模様」を描いていません。
彼自身が自分の絵を文様にすることを許していなかったため、他の絵師が光琳の画風を真似て描いたものが文様となっています。

光琳模様は光琳の梅、松、菊、紅葉、水、杜若などの意匠があります。

光琳梅

光琳梅の着物の柄の画像

光琳松

光琳松の着物の柄の画像

光琳菊(万寿菊)

光琳菊の着物の柄の画像

光琳菊は万寿菊、饅頭菊ともいいます。
菊の花を饅頭のように丸い形に簡略化して描いたもので、長寿を意味する「万寿」の字をあてました。
琳派によって形式化された文様です。
現代でも着物や帯に見られる文様です。

光琳紅葉

光琳紅葉の着物の柄の画像

光琳水

光琳波・光琳水の着物の柄の画像

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.