蜻蛉(とんぼ)柄の着物は夏・通年に着よう

蜻蛉柄の着物の季節は夏・通年

蜻蛉柄の着物は夏・通年に着よう
蜻蛉が写実的・単独で用いられた着物は7月~9月に着ましょう。
暑い盛りにいち早く秋の涼風を感じられるように、浴衣や絽の着物(夏用の着物)に用いられる柄です。
秋草と組み合わせて季節感を表現します。
総柄でデザイン化された蜻蛉柄の着物は通年着ることができます。

蜻蛉柄の着物の意味

蜻蛉は古くから親しまれてきた昆虫で、「秋津あきづ」という古名があります。
その歴史は古く、なんと弥生時代の銅鐸にも蜻蛉の文様が描かれていたほどです。

蜻蛉は前にしか飛べないことや、目玉が大きなところなどが強さを表しているとして「勝虫かちむし」ともよぼれました。
そのことから武士の間で好まれるようになり、刀の鍔や陣羽織などの武具にモチーフとして用いられました。

菖蒲と勝負をかけた菖蒲蜻蛉の組み合わせもあります。

またモノの頭(先)にしかとまらない性質から、出世を願って男児の産着の柄としても使われました。

江戸時代以降、武士以外にも着物の柄として取り入れられるようになりました。
染めだけではなく織りで表現されることもあり、なかでも蜻蛉絣とんぼがすりが有名です。

蜻蛉と組み合わせることの多い着物の柄


芝草の着物の柄の画像
芝草(しばくさ)柄の着物は夏・通年に着よう

芝草柄の着物の季節は夏・通年 芝草は秋草と組み合わせて用いられた場合は夏に着るのがおすすめです。 秋の雰囲気を先取りする柄です。 芝草が総柄、またはデザイン性が強い場合は通年着ることができます。 芝草 ...

続きを見る

蜻蛉に関連する着物の柄

雀柄の着物は通年に着よう
動物の着物の柄

続きを見る

蜻蛉柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小紋柄和手拭い◆宮本◆蜻蛉(蜻蛉)
価格:260円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【手ぬぐい】【プレーリードッグ和布華】秋模様手ぬぐい「芒に蜻蛉(すすきに蜻蛉)...
価格:1080円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お歳暮 お年賀 風呂敷 大判 【蜻蛉-大】 90cm ふろしき 名入 家紋入 ...
価格:2160円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 帯揚げ 夏物 絽 爽やかな 水色 スカイブルー 地紋 撫子 萩 ト...
価格:2970円(税込、送料無料)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.