橋(はし)柄の着物は通年に着よう

橋柄の着物の季節は通年

橋の着物の柄の画像
橋のモチーフには季節性がないので通年用いることができます。
水辺の風景と取り合わせた場合、に用いられることが多くあります。
杜若、流水と組み合わせた八橋の柄は初夏に着ましょう。

橋柄の着物の意味

着物や帯に描かれる橋は宇治橋、瀬戸の唐橋、住吉大社の橋などが代表です。

描かれる橋の種類は半円形に反った太鼓橋をはじめ、石橋、板橋があります。
また杜若と流水と取り合わせた八橋もあります。

近世初頭には柳橋水車図が屏風に描かれ、着物の柄にも影響しました。

現代では橋は水辺の風景の中に使うだけでなく、橋を中心に配置する場合もあります。

橋と組み合わせることの多い着物の柄

桃山時代の「柳橋水車図」という屏風絵の人気にあやかり、柳と橋の組み合わせの柄があります。


渦巻き(うずまき)柄の着物は通年に着よう
水(みず)の着物の柄

水に関連する着物の柄

続きを見る


雪輪
自然の着物の柄

続きを見る


四季草花(しきくさばな)柄の着物は秋・通年に着よう
植物の着物の柄

着物の柄に用いられる植物を一覧で紹介します。 基本的に、花だけがデザイン化された柄は通年、花とともに茎や葉が描かれた写実的な植物の柄は季節に沿って着るのがおすすめです。 植物の着物の柄一覧

続きを見る


花の着物の柄
花の着物の柄

続きを見る


杜若(かきつばた)柄の着物は春に着よう
杜若(かきつばた)柄の着物は春に着よう

杜若柄の着物の季節は春 杜若が写実的、かつ単独で描かれている場合は5月~6月初旬(初夏)に着るのがおすすめです。 流水とともに組み合わされた場合、夏の着物のモチーフとしてよく用いられます。 他の季節の ...

続きを見る


沢瀉
沢瀉(おもだか)の柄の着物は夏に着よう

沢瀉柄の着物の季節は夏 沢瀉柄の着物は夏に着ることができます。 沢瀉柄の着物の意味 沢瀉は池や沼に生える水草で、やじりに似た葉が特徴です。 夏から秋にかけて小さな白い花を咲かせます。 葉脈が高く浮き出 ...

続きを見る

橋に関連する着物の柄


着物の柄の組み合わせ定番
八橋(やつはし)柄の着物は春に着よう

八橋柄の着物の季節は春 流水、橋、杜若(かきつばた)がセットで描かれている場合は5月~6月初旬(初夏)に着るのがおすすめです。 八橋柄の着物の意味 八橋は「流水、橋、杜若」が描かれた柄のことです。 八 ...

続きを見る


茶屋辻(ちゃやつじ)の柄の着物は夏に着よう
茶屋辻(ちゃやつじ)の柄の着物は夏に着よう

茶屋辻の柄の着物の季節は夏 茶屋辻の着物は夏に着ることができます。 茶屋辻の柄の着物の意味 茶屋辻とは、麻地に藍一色で描かれた総模様の着物の柄のことです。 茶屋辻、または茶屋染ともいわれます。 家屋、 ...

続きを見る

橋柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かんざし バチ型【月見橋 桜 パール 簪】9724 花しおり
価格:7340円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

袋帯 リサイクル 正絹 万葉 シック 波文 橋 地紙 牡丹 菊【送料無料】【中古...
価格:32184円(税込、送料無料)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.