兎(うさぎ)柄の着物は秋・通年に着よう

兎柄の着物の季節は秋・通年

うさぎ柄の着物は秋・通年に着よう
兎は月とともに描かれることが多い柄です。
兎と月の組み合わせの着物は、中秋の名月の頃である8月後半から9月が似合います。
兎のみをデザイン化した着物であれば、通年着ることができます。

兎柄の着物の意味

中国には、月には不老不死の霊薬をつき続ける兎と蝦蟇がまが棲むと信じられていました。
そのためか、兎は長寿の象徴ともいわれています。

日本に伝わると不気味なイメージのある蝦蟇はとりのぞかれ、可愛らしい兎と月の組み合わせが多く用いられるようになりました。

兎は古くは飛鳥時代の「玉虫厨子」の須弥壇などに描かれていますが、それ以降桃山時代から江戸時代にかけて、花兎波兎などの兎柄の着物が流行しました。

兎と組み合わせることの多い着物の柄


唐草(からくさ)柄の着物は通年に着よう
唐草(からくさ)柄の着物は通年に着よう

唐草柄の着物の季節は通年 唐草の着物は通年着ることができるため初心者にもおすすめの柄です。 唐草柄の着物の意味 唐草は曲線を描いた葉と蔓が絡み合った様子を描いた柄です。 唐草はどこまでも蔓が伸びる様子 ...

続きを見る


月柄の着物は通年・秋に着よう
月柄の着物は秋・通年に着よう

月柄の着物の季節は秋・通年 月をデザイン化した柄は通年着ることができます。 秋草、うさぎと共に描かれた月の場合は、中秋の名月の頃である8月後半から9月が似合います。 月柄の着物の意味 月と太陽は信仰の ...

続きを見る


波柄の着物は夏・通年に着よう
波柄の着物は夏・通年に着よう

波柄の着物の季節は夏・通年 波だけが写実的に描かれた着物は、涼しげに見えるため夏に着るのがピッタリです。 青海波など、デザイン化された波柄の着物は通年着ることができます。 波柄の着物の意味 寄せては返 ...

続きを見る

兎に関連する着物の柄


花兎の着物の柄の画像
花兎(はなうさぎ)柄の着物は通年に着よう

花兎柄の着物の季節は通年 花兎の着物は名物裂のため通年着ることができます。 花兎柄の着物の意味 花と兎の組み合わせは名物裂の1つ「花兎金襴」が有名です。 花の咲いた木の下で、後ろを振り向き耳を立ててい ...

続きを見る


雀柄の着物は通年に着よう
動物の着物の柄

続きを見る

兎柄の着物の関連商品

楽天市場の商品を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【独特の世界観が魅力】 帯留め(単品) - ヨゾ...
価格:3456円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手ぬぐい「うさぎ青海波 青」兎/ウサギ/古典/お月見/手拭/手拭い/てぬぐい
価格:1458円(税込、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天然素材 『帯留め』 跳ねうさぎ*白貝製着物 帯締め 帯止め 和装小物 プレゼン...
価格:4320円(税込、送料別)

免責事項

当サイト「着物の柄」は管理人・中嶋あやが趣味で運営しています。
当サイトに掲載している着物の柄のイラスト、季節、意味は可能な限り適切・正確なものを掲載するよう努力していますが、その正確性については一切の責任を負いかねます。

また当サイトの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対しても一切の責任を負いかねます。

ご理解いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中嶋あや

東京女子大学・日本文学科卒業。 わたし自身、着物を着るときに「この柄、今の季節に着ていいの?」という悩みがありました。 そこで疑問に答える「着物の柄」サイトを作りました。 →管理人の詳しい紹介

更新日:

Copyright© わかる着物の柄 , 2019 All Rights Reserved.